ピルゼン 6 9月 2009 Go Pushkin

ピルゼン

ピルゼン(プルゼニ)は、
ピルスナービールの元祖ピルスナーウルケル[Pilsner Urquel]の町です。

ピルゼン, ピルスナーウルケル

チェコ共和国、西ボヘミア、ピルゼン

ピルゼンについて

ピルゼン[Plzeň]は、プラハから95km南西方角にあるビールの町で有名です。
ピルゼンとは、ドイツ語の発音であり、チェコ語での発音はプルゼニです。

ビールの醸造法であるピルスナーは、この町の名前ピルゼンからきて
います。ビールだけではなく、工業も盛んであり、シュコダ[Škoda]の本社が
あります。

ピルゼンの歴史

ピルゼンは、13世紀にボヘミア王ヴァーツラフ2世[Václav II]の治世下で、
中央ヨーロッパの通商路として発展。14世紀には、プラハクトナーホラ
次ぐチェコ内で3番目に栄えた町となります。
15世紀のフス戦争、その後の30年戦争で町は破壊されました。
第二次世界大戦末に、ピルゼンはアメリカ軍によってナチスドイツから
解放され、ピルゼンの町には、アメリカ通りというなの通り、アメリカ軍を
称える記念碑があります。

ピルゼンの観光名所

世界中のビールの大半が、ピルスナー(ピルゼン)製法で作られており、
ピルスナーウルケル[Pilsner Urquell]醸造所では、ビールの歴史、醸造所を
実際に見学でき、観光客に大変人気な観光名所です。

ピルゼン市街地にある、聖バルトロメイ大聖堂[Katedrála Svatého
Bartoloměje]は、13世紀後半にゴシック様式で建てられ塔の高さは、
102m以上でチェコで最も高いです。
又、大シナゴーク(ユダヤ人教会)[Velká Synagoga]は、1893年に
完成しヨーロッパで2番目、世界で3番目に大きいです。
ネオルネッサンス様式のヨゼフカエターンティル劇場[Divadlo Josef
Kajetán Tyl ]などあります。

プラハからピルゼンへのアクセス方法

電車: 所要時間1時間46分。金額147Kč。
プラハ中央駅[Praha hlavní nádraží]より、
フランチシュコヴィ ラーズネ[Františkovy Lázně]行きの電車に乗り、
ピルゼン中央駅[Plzeň hlavní nádraží]で下車。
詳しくは、こちらでお調べ頂けます。

車 : 所要時間 約1時間10分。プラハからピルゼンまで95km。
ルートD5/E50をBeroun/Rokycany方面へ、出口67を出て、
ルート26をKarlovy Vary/Plzeň方面へ。