リトミシェル 6 9月 2009 Go Pushkin

リトミシェル

リトミシェルは、ボヘミア東部[Východní Čechy]に位置する
人口10000人の町です。

チェコ世界遺産, リトミシェルチェコ共和国、ボヘミア東部、リトミシュルにある修道院

リトミシュルの歴史

コスマス記録によると、リトミシュル町の最初の記録は、981年と
言われています。その後、12世紀に、プレモントレーの修道院が創建され、
今のリトミシュルのエリアが誕生します。

1249年には、プシェミスル・オタカル2世により、リトミシュル町と
しての権利が許可され、ポストゥピッツェ家のコストゥカが町を支配する
ことになります。
1567年、ペルンシュテイン家のヴラティスラフが領主となり、14年の
歳月をかけリトミシュル城を建設しました。
リトミシュル城は、1999年ユネスコ世界文化遺産に登録されました。

ベドジフ スメタナ[Bedřich Smetana]

ベドジフ スメタナは、リトミシュル出身のチェコを代表する作曲家です。
リトミシュル城には、スメタナの記念館があり、毎年スメタナの名前に
ちなんだ音楽祭スメタナ リトミシュル(Smetana Litomyšl)が開催されています。

リトミシュル城[Zámek Litomyšl]

14年の歳月をかけ1582年に完成したリトミシュル城は、イタリアの建築家
のデザインにより当時ボヘミアにはないルネサンス様式です。
リトミシュル城の外壁は、スグラフィット装飾が施されており、約8000の
絵柄は全て異なります。内部は18世紀の終わりに改装されましたが、
外壁などルネッサンス様式の外装はほぼ当時のままです。
リトミシュル城は、1999年ユネスコ世界文化遺産に登録されています。

リトミシュル観光名所

リトミシュル城、劇場の他に、是非行っておきたいのは、スメタナ広場。
スメタナ広場は、旧市庁から495m先にあり迷うことはありません。
広場には、スメタナ像もあります。そして、リトミシュル城内には、
スメタナの生家があり、現在は博物館として、スメタナの幼少時代を
ご覧頂けます。