チェコの芸術家による腕立て伏せをするロンドンバス
23 7月 2012 Go Pushkin

オリンピックアート!ロンドンバスが腕立て伏せをする

27日に開幕をひかえたロンドンオリンピック。チェコのお騒がせ彫刻家
ダヴィッド チェルニー [David Černý]がロンドンのシンボルである二階建て
バスをアスリートに変身させました。

重さ6トンもあるバスは、1957年製。電気エンジンやサスペンション機器を
使い改造しました。うめきながら腕立て伏せをします。
チェルニー氏は、「世界のスポーツマンにとって、腕立て伏せは共通の
トレーニングだから。」とロンドンオリンピックを祝福するために作ったそうです。
五輪開催中は、チェコチームが滞在する場所の近くに設置される予定です。